Mi=Go Blog

スキーでSKWAL修行実施中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Whitepiaの運営会社が民事再生手続

名証2部上場のトーカイ99.9%出資会社、トーカイ開発(岐阜県)民事再生法、負債123億円[livedoor]

平成19年8月31日、瑞浪トーカイカントリークラブ、ホワイトピアたかすスキー場、上宝トーカイカントリークラブを運営するトーカイ開発(株)が、名古屋地裁へ民事再生手続開始の申立を行った。
当社は、昭和59年11月ゴルフ場・スキー場運営を目的に設立したもので、名証2部上場の(株)トーカイ(岐阜市)99.9%出資の連結子会社。バブル崩壊後の利用者減と価格競争などで経営環境が著しく悪化、親会社からの金融支援を受けるなどして、経営再建を行っていた。

ということで、Whitepiaの運営会社が倒産した模様。

今後も3施設は通常通り営業するが、再生計画案としては、ゴルフ場2施設は(株)アコーディア・ゴルフ(東京都渋谷区・東証一部)グループを再生スポンサーとして、事業譲渡を行う予定。負債総額は123億円内外。

とりあえず、Whitepiaの営業は続くみたいですが、ゴルフ場の譲渡先が決まっているのに、スキー場の譲渡先に関する記述がないのがアレですな。

WhitepiaはCISの質が良いのと、唐揚げがGoodなので、無くなると寂しいですねぇ。(とりあえず、無くならなさそうだけど)
スポンサーサイト

野麦峠スキー場は赤字軽減

信州松本野麦峠スキー場が赤字幅圧縮 経費削減し経営改善[中日新聞]

慢性的な赤字経営が続き存廃問題が持ち上がっていた松本市直営の信州松本野麦峠スキー場(同市奈川)が、昨年度の赤字幅を経営目標とされていた八千万円以下の七千十万円に抑えた。

昨年度の野麦峠スキー場の観光施設事業収入は前年度比15・1%増の八千八百十八万円、逆に観光施設事業費は前年度比13・7%減の一億三千五百二十二万円となり経営が改善。スキー場建設の際の債務返済額などを加味した昨年度赤字幅は、前年度と比べ約四千二百万円圧縮された。

との事で、野麦峠スキー場はまだ大丈夫のようですね。

昨年度利用者数は目標とされた四万四千人には届かなかったものの、雪質に恵まれスノーマシンによるゲレンデ造りがうまくいったことなどから、四年ぶりに四万人を上回る四万千二百六十二人となった。

 利用客の増加や、リフトの優待券、招待券の整理などでリフト券売り上げが伸び、事業収入を押し上げた。また地域住民などのボランティアが、リフト乗り場の管理業務や簡単な施設工事を手伝ったことなどで人件費が圧縮。使用頻度の低いリフトを使用せず電気代、人件費を削減したことなども功を奏し、事業費の大幅削減につながった。

客が微増したのと、人件費等の経費削減で、この成果となった模様。
野麦峠スキー場は、乗鞍高原温泉スキー場の次に好きなゲレンデ(という割には、行く回数が減っているが)なので、存続はありがたい。

乗鞍高原温泉スキー場の経営移管

本年度の経営移管困難に 乗鞍高原温泉スキー場[中日新聞]

松本市の乗鞍高原温泉スキー場の再建のため、地元企業の共同出資で計画された新会社が、当初目標の七千万-一億円の一割に満たない資本金で設立されたことがわかった。当面の運転資金を新会社単独で捻出(ねんしゅつ)できず、予定していた本年度中の経営移管は難しい情勢。スキー場を取り巻く厳しい環境があらためて浮き彫りになった形だ。
同スキー場は市出資の第三セクター「乗鞍観光」が経営しているが、利用者がピーク時の二割程度に落ち込む中、累積債務は九億円に拡大。市や三セクは経営再建策として、専門家を迎える新会社に経営を引き継ぎ、三セクを資産保有会社として債務整理に専念させる方針を打ち出していた。



なかなか厳しそうな状況。
いたるさん、お疲れ様です。

乗鞍高原温泉スキー場民営化

乗鞍高原温泉スキー場民営化へ、新会社で再生目指す[信濃毎日新聞]

スキー場の再生などを手掛けるコンサルタント会社エボン(東京都港区)は11日、松本市出資の第三セクター「乗鞍高原温泉スキー場」(松本市安曇)の経営に乗り出す方針を発表した。市内の企業などから出資を募って新会社を設立、リフトなどの施設を三セクから借り受ける。「地元主体で地場産業に取り組むモデルにしたい」としている。



乗鞍高原温泉スキー場の民営化が決まったようです。

同スキー場は、地元の大野川区や市などが出資する三セク、乗鞍観光が経営。利用者は1992年の51万人をピークに減少傾向で、今季は10万2000人。昨年6月期決算時点で長期借入金などの負債は計約15億円に上っている。


同日、松本市役所で記者会見したエボンの坂倉海彦社長は「スキー場をきちんと経営して客を呼べる土台を作り、地元の人が安心して頑張れるようにしたい」と述べた。
 乗鞍観光の19・1%を出資する市は「乗鞍高原活性化のためのいい提案で、歓迎している。市としても高原の活性化のため遊歩道整備などを進めたい」(坪田明男副市長)としている。



07-08シーズンで、何らかの変化があわられるのか、興味深い。
とりえあず、シーズン券の値上げは…ちょいと困るが。

ただ、副市長が「遊歩道整備」と言っているので、スキー場だけではなく、オールシーズンでの活性化も狙っているようだ。

以下はおまけ。
上高地で歩行中の禁煙を呼び掛けるキャンペーン[信濃毎日新聞]

北アルプスの上高地(松本市)などで、「歩行喫煙ゼロキャンペーン」が行われている。上高地の町会や宿泊業者でつくる「上高地を美しくする会」と松本市、日本たばこ産業(JT)が喫煙マナーを記した名刺サイズのカードを観光客らに配るなどして協力を呼び掛けている。歩きたばこや吸い殻のポイ捨てを禁じる条例を定める自治体が増えていることもあり、「観光地として取り組む先駆けになろう」と始めた。



よい取り組みです。
空気の綺麗な場所では、その綺麗なままの空気を頂きたいので、こういった取り組みは継続して実施してもらいたい。

続々・フランスは雪不足

温暖化でスキー場危機に アルプス経済に打撃と警告[CHUNICHI WEB PRESS]

欧州のスキー場が集中するアルプス地方は、地球温暖化により今後数十年間で雪の確保が困難になり、地域経済が深刻な危機に直面する恐れがある



との事で、この記事は経済面からの内容になっています。

この冬、アルプス地方は過去1300年間で最も暖かいともいわれ、スキー場は深刻な雪不足に陥っている。年間8000万-6000万人の観光客が訪れるフランス、オーストリア、スイス、ドイツの4カ国にとり冬のスキー客は重要な収入源で、警告は現実味がありそうだ。


現時点では、アルプスの中・大規模スキー場666カ所のうち、約9割の場所では年間100日間以上、十分な積雪があるが、平均気温が1度上昇するとそれが500カ所に、2度上昇すると400カ所に減少するという。



欧州を滑るなら、今のうち、と。

続・フランスは雪不足

暖冬で雪不足深刻 欧州アルプスのスキー場[CHUNICHI WEB PRESS]

欧州アルプス地方のスキー場の雪不足が深刻になっている。オーストリアでは先週末、スキー場開きが軒並みキャンセル。長期的な地球温暖化の影響か、周期的な暖冬異変か。観光業界は書き入れ時のクリスマス前の大雪に期待を寄せている。



という事で、相変わらずの雪不足っぷりです。

オーストリア・ザルツブルクの気温は8日、この日としては第2次大戦後最高の19・2度を記録。オーストリア通信は「アルプス地方は過去1300年で1番暖かい」との気象学者の話を伝えている。



Espace Killyも、未だに標高3000m地点で積雪が35cm程度で全然増えていない(ちゃんと計測しているのかは不明)。

まぁ、とりあえず1月中旬までには、せめて90%くらい滑走可能になってくれることを切望する。

フランスは雪不足

欧州でスキー場が雪不足、観光業界に懸念[NIKKEI]

オーストリア、スイスなど欧州各国の主要スキー場が雪不足に直面し、観光業界に懸念が広がっている。欧州では昨年の大寒波と打って変わって今年は異常な暖冬が続き、ほとんどのスキー場が開業に踏み切れないでいる。かき入れ時のクリスマスまでに本格的な冬が到来しないと大きな打撃を受ける。

 スキー場が広がるアルプスでは標高2000メートルの高地でも気温が氷点下に下がらず、雪が降らない状態が続いている。オーストリア・ホテル連盟によると、好景気を受け今月中旬から来年の1月中旬まで全国のスキー場のホテルは予約が埋まっている。ただ「クリスマスまでにスキー場が開業しないと事態は一変しかねない」と心配する。



来年1月中旬からフランス(Espace Killy)に行く予定なのだが、ここもかなりの雪不足に思える。

この時期に、Val d'Isèreの標高3000m地点で積雪35cmって何?

全部で140あるコースのうち、滑走可能なのは、わずかに10コース。リフトも、94基あるうち10基しか稼働していない。
このまま雪不足で滑走エリアが広くならない事も懸念されるが、年末以降に大雪となり、悪天候で滑れなくなるというのも嫌だな。…

年末年始にドカ雪となり、1月中旬以降は快晴、というのを切望する。

柏木義之 コブ&ショートターンテクニック

しょぼいけどGO邸(裏庭)へようこそ」にて紹介されていたDVDを購入してみた。

柏木デモのDVDは、1作目のハイスピードカービングなるものの内容が、なんだこれ金返せ的なイメージ映像だった事もあり、続作も買わなかったのだが、ゴ氏の評価がよかったので。

で、内容は良かったです。

1作目と異なり、ちゃんときちんと解説がなされていて、なんだかとても役に立ちそう。
今シーズンのテーマは不整地なので、何度も繰り返して見るDVDになることだろう。

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。