Mi=Go Blog

スキーでSKWAL修行実施中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野麦峠スキー場は赤字軽減

信州松本野麦峠スキー場が赤字幅圧縮 経費削減し経営改善[中日新聞]

慢性的な赤字経営が続き存廃問題が持ち上がっていた松本市直営の信州松本野麦峠スキー場(同市奈川)が、昨年度の赤字幅を経営目標とされていた八千万円以下の七千十万円に抑えた。

昨年度の野麦峠スキー場の観光施設事業収入は前年度比15・1%増の八千八百十八万円、逆に観光施設事業費は前年度比13・7%減の一億三千五百二十二万円となり経営が改善。スキー場建設の際の債務返済額などを加味した昨年度赤字幅は、前年度と比べ約四千二百万円圧縮された。

との事で、野麦峠スキー場はまだ大丈夫のようですね。

昨年度利用者数は目標とされた四万四千人には届かなかったものの、雪質に恵まれスノーマシンによるゲレンデ造りがうまくいったことなどから、四年ぶりに四万人を上回る四万千二百六十二人となった。

 利用客の増加や、リフトの優待券、招待券の整理などでリフト券売り上げが伸び、事業収入を押し上げた。また地域住民などのボランティアが、リフト乗り場の管理業務や簡単な施設工事を手伝ったことなどで人件費が圧縮。使用頻度の低いリフトを使用せず電気代、人件費を削減したことなども功を奏し、事業費の大幅削減につながった。

客が微増したのと、人件費等の経費削減で、この成果となった模様。
野麦峠スキー場は、乗鞍高原温泉スキー場の次に好きなゲレンデ(という割には、行く回数が減っているが)なので、存続はありがたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://migo.blog15.fc2.com/tb.php/332-e6806174
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。